-

春の紫外線を制するものは美肌を制す!

こんにちは!ラ・ミューテお客様係です♪

4月に入り、ようやくの暖かさを感じられるようになってまいりました。
既にお花見をされた方も多いのではないでしょうか♪

さて、心地よい日差しがでてくるようになると、意識しなければならないのが紫外線対策

「まだまだ大丈夫でしょ!」と思われるかもしれませんが、本格的に紫外線が強くなり始めるのは「4月」なのです!

今月は、そんな「春の紫外線対策」についてご紹介します。

春からの紫外線対策で美肌をゲット!

4月の紫外線量は、9月とほぼ同じと言われています。

9月と言えば、残暑が続いて紫外線もたくさん降り注いでいるイメージですよね。
となれば、4月も夏同様、対策をしっかりとする必要があります。

紫外線が与えるお肌への影響といえば、代表的なのが日焼けやシミ・そばかす

しかし、紫外線の影響はそれだけではありません。

一番恐ろしいのは、紫外線を浴び続けることによって、シワやたるみなどの肌老化までもが進行してしまうこと。
すぐには影響が出ないにしても、数年後にお肌のダメージは現れてくるのです。
特に、紫外線が少ない秋冬を経た春のお肌は、紫外線に対してとても無防備な状態。
いつまでもエイジレスな美しい肌を維持するためには、春からの紫外線対策が必要不可欠になってくるというわけですね。

室内だから安心♪は大間違い!

日中はずっとオフィスにいるから大丈夫!という方や、あまりお家から出ることが無いという主婦の方も、油断は禁物です。

紫外線は、室内にいても浴びてしまう危険性があるということをご存知でしょうか?

紫外線は「UV-A波(シワやたるみの原因)」「UV-B波(シミやそばかすの原因)」「UV-C波(皮膚病の原因)」の3つに分類されます。

窓ガラスやカーテンをすり抜けて室内まで入ってきてしまうのは、「UV-A波」です。

「UV-A」波は波長が長く、表皮を通り抜けて真皮まで届き、シワやたるみを進行させてしまいます。ガラス越しだとしても、屋外で浴びる紫外線量の、約80%近い影響があると言われています!

カーテンをしても約50%の紫外線が届いてしまうので、室内にいても紫外線対策は必須ですね。

肌トラブル時の紫外線対策

お肌の状態がよくない時や、外出の予定がない時などは、お肌への負担は極力減らしてあげたいですよね。
そんな時は、ラ・ミューテでのお手入れの後、おしろいなどのパウダーをはたいてあげるだけでも十分な紫外線対策になります。

おしろいは紫外線散乱剤と同じ働きをし、特に日焼け止め効果をうたったものでなくても、UVカット効果があるので、お肌に優しい紫外線対策ができますよ♪

もちろん、日焼け止めを塗るのもOK!

日焼け止めは、SPFの値が高ければ高いほど、お肌への負担も大きいと言われています。

日常生活では、SPF15~30程度でも十分な効果がありますので、用途に合わせた数値のものを薄く塗って、数時間おきに重ねづけをするよう心がけてくださいませ♪

365日、何かしらの紫外線対策をして頂くことを強くおすすめします!

食べ物でも紫外線対策

紫外線対策は、体の内側からも行うことができます!

特に意識したい栄養素は、抗酸化作用のある「ビタミンE」。
紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えて、シミやシワの原因になってしまいます。

このような活性酸素を抑えてくれるのが、ビタミンEというわけです♪

ビタミンEを多く含む食材は、ほうれん草、モロヘイヤ、アボカド、かぼちゃ、キウイフルーツなどが代表的。
 
また、同じく抗酸化力のあるビタミンAやビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できると言われています。

紫外線対策をしっかりとして、シミやシワの少ない美肌をキープしてあげてくださいね♪


 

ラ・ミューテでは、お肌のご相談を承っております。

何か気になること、ご心配なことがございましたら、
下記までご連絡くださいませ。

【専用フリーダイヤル】
ラ・ミューテお客様係 0120-300-753(通話料無料)
平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)土日祝日を除く

【24時間受付中!メールでのご相談】
shopmaster@lamutee.jp

【ラ・ミューテホームページ】
http://lamutee.jp