6月のお肌がべたつくのはどうして?

こんにちは!ラ・ミューテお客様係です♪

6月になると、いよいよ毎日傘が手放せなくなる「梅雨」がやってきますね。
気温は20度を超える日が多く、また雨の日は湿度が上昇して汗ばむようになり、どうしてもお肌のべたつきが気になります。

日中は特に「あぶらとり紙」が手放せない!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、今の時季にお肌がべたつく理由と、その対策をご紹介します!

■べたつきの原因は「乾燥」!?

外に出ると蒸し暑くて空気はジメジメ。
その湿度の高さや気温の上昇から、お肌は汗や皮脂を分泌し、べたべたするようになります。

そしてこの時季からは、ご家庭やオフィスでも、エアコンや除湿機を使う機会が増えるかと思います。

実は、これがべたつきの大きな原因。

エアコンの効いた室内に長く居ると、お肌の水分はどんどん外へと放出され、潤いが徐々に失われていきます。

お肌の奥底が乾燥した状態(=インナードライ)になると、お肌を守ろうとどんどん皮脂を分泌し、表面はべたべたしているのに、実は乾燥状態!なんてことになりかねません。

べたつきを解消するには、お肌にたっぷり潤いを与えてあげることが大切なのですね。

■なんと!皮脂量は冬の2倍!

梅雨の時季は、なんと冬の約2倍もの皮脂が分泌されるといったデータが報告されています。

そんな6月に多い肌トラブルといえば、過剰な皮脂分泌を放っておくことで毛穴が詰まって起きる、「ニキビ」なのです!

対策として、いつも以上にたっぷりと保湿をしてあげることはもちろん、余分な皮脂はティッシュで優しく押さえるようにして取り除いてあげましょう。

「え、あぶらとり紙じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あぶらとり紙は、本来お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、更なる乾燥を招いてしまう可能性がありますので、要注意です。

■6月に気をつけたい3つの点とは?

梅雨の時季に意識すべきこと、それは「正しい洗顔・保湿・室内の湿度調整」の3つです!

正しい洗顔について

皮脂が気になるからといって、ごしごしこすってしまっていませんか?

べたべた肌を克服するための「正しい洗顔方法」を、ここで改めてチェックしましょう。
まずは、メイクなどの脂汚れをクレンジングで落とします。

その後、洗顔フォームで、お肌に付着した汗やほこりなどの汚れをさっぱりと洗い上げましょう。

洗顔フォームは泡立てネットを使用してしっかりと泡立ててから、泡をころがすように洗っていきます。

ラ・ミューテの洗顔フォームには、吸着力の高いことで知られる天然の洗浄成分「タルク」が配合されており、お肌に負担をかけずに古い角質などを絡め取ってくれます。

特に、角栓の気になる小鼻やTゾーンは、泡でクルクルと円を描くように優しく洗いましょう。

保湿について

正しい洗顔の後は、十分な水分補給と保湿を行ってください。

インナードライの改善には、お肌の内部にまでしっかり潤いを行き渡らせることが重要です。

化粧水は、100円玉大を2~3回、美容液は3滴を3回を目安に、少量を何度も重ねづけすることで、お肌への浸透もよくなり、美容成分を効果的に吸収してくれます。

「べたつきが気になるから保湿はしなくていいや!」は大きな間違い

水分を入れた後は、ラ・ミューテの美容液などでしっかりと蓋をしてあげましょう。

室内の湿度について

室内が乾燥し過ぎないよう、適度な加湿を心がけるようにしましょう。

デスク周りに水の入ったマグを置く、窓際に濡れたタオルをかけておくだけでも、室内の急激な乾燥を予防することができます。

室内の理想的な湿度は50~70%と言われていますので、ぜひ参考にしてみてくださいませ。

梅雨の時季は、お肌の乾燥を見逃しがち。

季節に合わせたスキンケアを行い、潤いのある美肌を保つようにしてくださいね♪

 

ただいま、「ダマスクローズの恵みキャンペーン」実施中です!

「ダマスクローズの恵みキャンペーン」68%OFF


 
ラ・ミューテでは、お肌のご相談を承っております。

何か気になること、ご心配なことがございましたら、
下記までご連絡くださいませ。

【専用フリーダイヤル】
ラ・ミューテお客様係 0120-300-753(通話料無料)
平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)土日祝日を除く

【24時間受付中!メールでのご相談】
shopmaster@lamutee.jp

【ラ・ミューテホームページ】
http://lamutee.jp