-

夏ストレスにご注意を!

こんにちは!
ラ・ミューテお客様係です♪

お盆休みも終わり、夏の疲れがそろそろ体に現れてくる頃ですね( ;∀;)

毎年、夏になると「体がだるい」「食欲がない」という方も多いのではないでしょうか?
ただの夏バテかな?と、なんとなくそのままにしてしまいがちですが、夏にかかる身体やお肌へのストレスは、放っておくと女性ホルモンの乱れや肌荒れを引き起こすことに…。

夏ストレスを早めにケアすることで、今年の夏を健康で美しく乗り切りましょう♪

身体へのストレスって?

ストレスと聞くと、お仕事や対人関係によるものを思い浮かべやすいですが、「暑い」という温度変化も、体にとっては大きなストレスになります。

また、日差しが強い「外」と、エアコンの効いた「内」での温度差は、体温調節を司る自律神経に大きな負荷をかけてしまいます。
さらに、暑さによる睡眠の質の低下も重なると、女性ホルモンの乱れも引き起こし、肌荒れもしやすくなってしまうのです。

対策 夏だからこそ体は冷やさない!

夏は、冷房や冷たい食べ物で体が冷えやすいうえに、代謝が1年で最も下がり、なんと冬より10%も低下してしまいます。
汗をかいて代謝がよさそうなのに、意外ですよね。

代謝を落とさないようにするには、朝起きた時にすぐにコップ1杯の水(あるいは白湯)を飲む、食事はよく噛んで食べる、生姜など体の芯を温める食材を積極的に摂る、入浴はぬるめのお湯にゆっくり浸かるなどを心がけるのがおすすめです!

お肌へのストレスって?

夏は、お肌にも多くのストレスがかかっています。
実際に、「夏になったらニキビが悪化してしまった…」というご相談も多く頂きます。

夏の皮脂分泌は冬の約1.4倍もあり、皮脂と汗がまざりあってお肌がべたつき、空気中の雑菌も付着しやすくなります。
また、汗をそのままにしておくことで、お肌の表面がアルカリ性に傾いて、細菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルが多くなってしまいます。
さらに、強い紫外線は活性酸素を発生させてお肌の老化を進めてしまうだけでなく、皮脂と結合することで、毛穴を詰まらせたり、すでにあるニキビを炎症・化膿させてしまうこともあるのです。

対策 夏のお肌はとにかくやさしく!

ストレスのかかった夏のお肌はとってもデリケート。
お肌がもともと敏感でない方も、お手入れに注意が必要です。

★ポイント① こすらない
汗をかくと、角質層(お肌の表面)がふやけて柔らかくなっています。
このような時に、少しでも強くこすってしまうと、角質層を傷つけ、お肌のバリア機能を低下させてしまいます。
 
夏は「いつも以上にやさしく」が基本です!
化粧水をつける際もこすったり叩き込んだりはせず、手の平でお顔をやさしく包み込むようにしてあげてくださいませ。

★ポイント② 汗を放っておかない
汗をかいた時は放置せず、こまめにふき取り、お肌の表面に汗を残さないようにすることが大切です。
また、長時間紫外線にお肌をさらさないよう、日傘や日焼け止めで守ってあげましょう。

夏は意識して心身を休めましょう

蒸し暑い屋外、寒すぎる冷房と、気温によるエネルギーの消耗が激しいことに加え、夏はついつい予定を詰め込んでしまいがち。
心では楽しいと感じていても、体にはどんどん疲れが蓄積されていきます。
週に一度は自宅でゆっくりする日を設けるなど、意識的に休息の時間を作るようにして、体を休めてあげましょう。
 
エネルギーをうまくチャージしながら、体とお肌のストレスに負けず、ぜひ美しいお肌でこの夏をお過ごしくださいませ♪

 


ラ・ミューテでは、お肌のご相談を承っております。

何か気になること、ご心配なことがございましたら、
下記までご連絡くださいませ。

【専用フリーダイヤル】
ラ・ミューテお客様係 0120-300-753(通話料無料)
平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)土日祝日を除く

【24時間受付中!メールでのご相談】
shopmaster@lamutee.jp

【ラ・ミューテホームページ】
http://lamutee.jp