美肌の大敵、夏冷えを一蹴!

外は溶けそうなほど暑いのに、
オフィスや電車、レストラン、カフェなど室内に入った途端に、
エアコンが効きすぎているため寒くて震えてしまうという経験はありませんか?

キンキンに冷えている室内はネクタイにスーツという服装の方にはちょうど良いのですが、
薄着をされている方にとっては過酷な状況ですよね。
ただ外は暑いので冷えているという自覚症状がないのが現実。
どんどん体が冷え続けると、美肌を維持するために欠かすことのできない女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、肌トラブルが起きてしまうことも!
今月は夏の冷えとホルモンバランスについてお話します。

■冷えがホルモンバランスを乱す

女性は元々熱を生み出す筋肉量が少ないため自分の力で体を温めづらく、
体温を維持することも難しいので冷えにとても弱いのです。
それなのに、冷えた室内で体を冷やす冷たい飲料や食事を摂ってしまったり…
暑さのため湯船に浸からずついついシャワーだけで済ませてしまったり…
と体の内側と外側とで冷える原因は山ほど転がっています!
そして、ダイエットも体を冷えさせる1つの要因となります。
運動をせずに食事制限のみのダイエットをすると、
筋肉量を減らすだけでなく、栄養が偏るため代謝が低下し冷えを招いてしまいます。
このように様々な要因で体が冷えることで自律神経に乱れが生じ、
それが卵巣機能の低下につながり、2つのホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が
卵巣から正常に分泌されなくなってしまうのです。

■お肌と女性ホルモンの密接な関係

美しいお肌とは、潤いやハリ、弾力があり、なめらかなお肌のこと。
そしてそのお肌を保つために欠かせないのが女性ホルモンです。
角質層の水分を保持し、コラーゲンの生成も助けてくれるからです。
しかし冷えでホルモンバランスが乱れると、美肌を維持することが難しくなってしまい、いろいろな肌悩みへとつながっていきます。
大人ニキビもその1つで、女性ホルモンの分泌がアンバランスになることで、
できやすくなってしまいます。
美肌の維持には、ホルモンバランスを整えること、
そして乱す原因となる”冷え”を改善することがとても重要なのです!

■夏冷え、温めポイント!

まずは適度な運動で筋肉をつけて、自らの力で熱を生み出しやすくしましょう!
ウォーキングは日々の生活に取り入れやすいので、
毎日30分を目安に始めてみるといいですよ。
1日中冷房のきいた室内にいて冷えを感じている方に特に温めていただきたい部位は3つ。
首、お腹、足首です。冷房対策として、ストールを巻いたり、足首まで覆う靴下をはいたり、
下腹辺りにカイロを貼っていただくこともおススメいたします。
その他最近では、丸めてもシワになりにくい素材の羽織りものも多いので、
持ち歩いて露出部分を冷やさないようにするとよいでしょう

■内側からも冷え対策!

カフェ、飲食店に入ったらつい冷たい飲みものを頼みたくなりますよね?!
でもそこをグッと我慢して、温かいものや常温のものを頼むことをおススメいたします。
冷たい飲みものは胃腸を直に冷やしてしまい、体全体の冷えにつながってしまいます。
また一日の終わりに湯船に浸かって体を芯から温めると、冷えが楽になりますよ!
入浴はリラックスすることで自律神経のバランスも整えてくれますし、
卵巣もじっくり温めることができるのでとてもおススメです。
またローズの精油を湯船に垂らすことによって、
ローズの香りが夏冷えで乱れがちな女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、より効果的です。
その後はラ・ミューテのダマスクローズの香りを嗅ぎながらのお手入れも忘れないでくださいね♪

慢性的に冷えやすい夏の時期、しっかり冷え対策を行い美肌の要の女性ホルモンを味方につけましょう!