この時期、お肌が不調なのはどうして?

こんにちは!ラ・ミューテです♪

「今までと同じ化粧品を使っているのに、なんだか顔がかゆい…」
「化粧水がお肌に滲みる感じがする…」

10月に入って、こんなことを感じている方はいらっしゃいませんか?

そのお肌の不調、もしかしたら『季節の変わり目』であることが原因かもしれません。

になり、外はすっかり涼しくなりましたね。
この時期は昼夜の気温差や夏の紫外線のダメージなどもあり、お肌が思った以上に疲れを溜めこむ頃でもあるんです…

乾燥やターンオーバーの乱れなどが原因で、お肌の『バリア機能』は損なわれやすくなります。

この『バリア機能』が弱まると、毎日のお手入れでお肌にたっぷりと水分を与えたとしても、その潤い成分が蒸発しやすくなり、さらにほこりや雑菌、紫外線などの刺激物質も入り込みやすくなってしまうのです。
これによって、かゆみや吹き出物が出てしまうこともあります。

また、お肌が乾燥すると、お肌の細胞と細胞の間に隙間ができ、目に見えない小さな傷ができたような状態になります。
その傷に成分が滲みることで、いつも使っている化粧品なのにピリピリしたり、かゆくなったりといった症状を感じやすくなってしまうこともございます。

そのような方には、お肌の状態に合わせて、お手入れ方法の見直しをおすすめさせて頂いております!


 

洗顔

①洗顔フォームは規定量を使用していますか?
規定量は商品の裏やホームページ等に記載されている企業様が多いと思います。
どの企業様も、その商品が1番効果を発揮できる量を示してくれています。
規定量の記載がある場合は、規定量をしっかりと守ってお使いいただくことをおすすめ致します!
ラ・ミューテですと、洗顔フォームの規定量は2.5cm。
この量が両手いっぱいのたっぷりな濃密泡を作れる量になります。

②濃密泡を作っていますか?
濃密泡をクッションにして、お肌に負担を少なくすることで、よりお肌に優しい洗顔になります。
きめ細かい泡を作るために、ぜひご利用頂きたいのが『洗顔ネット』です!
ラ・ミューテでは、洗顔フォームをご注文のお客様に、毎回洗顔ネットもあわせてお届けさせて頂いております!
洗顔ネットは毎日使うものなので、定期的に取り替えて清潔に保つことが重要です。

≪使い方≫
洗顔ネットのわっかに指を通し、ネットが掌に来るように持ったあと、洗顔フォームをネットの上にのせ、少しのぬるま湯を垂らしてから反対の手で軽くもみこむようにして泡立てます。
手のひらを逆さにしても落ちないくらいの濃密な固さが目安です!

③ぬるま湯で洗っていますか?
目安は25度。
洗顔の時のお湯の温度が高ければ、お肌にとって必要な脂分まで落としてしまい、乾燥を引き起こしやすくなってしまいます。
ぜひ水に近いくらいの低い温度(25度程が目安です)で洗顔をなさってくださいませ!

④擦り洗いしていませんか?
角質層(お肌の表面)はわずか0.02mmの薄い層です。
そのため、ちょっとした刺激で損なわれてしまいます。
お顔と指が触れないよう、たっぷりと洗顔ネットで泡立てた泡を、お顔と指の間で転がすようにして優しく洗いましょう!
※擦らなくても、洗顔フォームの泡をのせるだけで、汚れが浮きあがります。

⑤洗顔時間は短いですか?
目安は30秒以内(クレンジングも30秒以内)です。
時間をかけて洗いすぎ(お肌に必要な脂分も落としてしまう)てしまいますと、お肌が乾燥するだけでなく、乾燥によりお肌が、これ以上水分を逃してはいけない!とお肌を守ろうとし、皮脂が過剰に分泌され吹き出物などの原因となってしまいます。

化粧水・美容液

①重ね付けはしていますか?
1回でさっと終わらせるのではなく、しっかりと重ね付けをして、お肌の奥底まで、たっぷり水分と栄養分を届けてあげてください。
重ね付けは、タイミングがカギとなります。

ラ・ミューテでおすすめしているお手入れ方法では、

化粧水:100円玉大を3回
美容液:2~3滴ほどを3回

こちらを掌に取ってのばしてからお顔に付けて頂き、1回目がしっかりとお肌になじんだ後、重ね付けをしてください。

※2回目以降の化粧水、美容液の量は、ご自身のお肌と相談しながら、お肌がしっとりしてくるまで量を調整してみてください!

②こすったり叩き込んだりしていませんか?
ハンドプレスで保湿をすることで、手のひらの熱が顔全体に伝わることと、手のひらで圧力をかけることで、より多くの水分が皮膚にしみこみやすくなるため、手のひらを使った保湿をお勧めしております。
化粧水や美容液を手のひらにのせ、のばしてからゆっくりと、ハンドプレスでなじませていってください。

お肌はとってもデリケートなため、擦って刷り込んだり叩いたりすると、角質層(お肌の表面)が傷ついたり、剥がれ落ちたりしてしまいます。
この状態が続きますと、乾燥や肌荒れキメの乱れ、シミ、しわの原因にもなります。


 

「お手入れ方法を見直してみたけど、それでもやっぱりひりつく…」
そのような場合には、一度刺激を感じることが少ないお化粧品に切り替えて頂き、それのみで数日お肌のお手入れをしてみることをおすすめ致します。

そしてお肌の様子を見ながら、徐々にいつものお化粧品を再開してみるというのもひとつの方法です!

それでもなかなかお肌の状態が改善しない、ひどい痛みが出てきてしまったという場合には、どうぞラ・ミューテお客様係までご相談くださいませ。
お客様おひとりおひとりのお肌の状態に合わせたアドバイスをさせて頂きます!

【専用フリーダイヤル】
ラ・ミューテお客様係 0120-300-753(通話料無料)
平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)土日祝日を除く

【24時間受付中!メールでのご相談】
shopmaster@lamutee.jp

【ラ・ミューテホームページ】
http://lamutee.jp