ハッピーホルモンでお肌も心もキレイになろう!

10月は朝晩の気温差が激しいため、
その寒暖差についていけない体は意外とストレスを感じています。

さらに季節の変わり目は体が疲れやすかったり、
自律神経が乱れやすいことから何だか憂鬱になってしまったりと、
心にもストレスがかかりやすいのです。

そして、心身とお肌には深い関係があるため、
こういった様々なストレスがお肌に大きな悪影響を与えてしまうのです。
疲れたときや何かストレスがかかったときに、
お肌の調子が悪いなと感じたことはありませんか?

こんなとき、お肌と心はつながっているなと実感することも。
ストレスを感じるとお肌の免疫力が下がり、
外的刺激から肌を守れなくなってしまいがちです。
それが肌荒れの一因ともなります。

毎日のスキンケアはもちろん大前提として大切なのですが、
美肌をつくるためには、毎日をよりハッピーに楽しく過ごすことも重要なのです!

■ハッピーホルモンが美肌を作る理由

ハッピーホルモンってご存知でしょうか?
小さい頃、お母さんに抱きしめられた時、
何とも言えない安らぎや安心感を感じませんでしたか?
実はこの感情はハッピーホルモンともいわれる「セロトニン」が関係していたのです。
このホルモンがきちんと分泌されることによって、
私たちは幸せや癒し、安らぎなどをより感じることができます。
そしてこのハッピーホルモン、幸せを感じられるだけではなく、
実は美肌の味方・女性ホルモンにも関係しています。

セロトニンの分泌量を増やすことによって、
女性ホルモンのエストロゲンの分泌量も増えるという研究結果が出ています。
エストロゲンといえば、美肌を保つための要の1つですよね!
女性ホルモンの分泌を促す1つの方法として、
セロトニンの分泌量を増やすことを意識してみると、
美肌につながりますよ!
では、このハッピーホルモン・セロトニンはどのように増やせばいいのでしょうか?

■ハッピーホルモン、分泌に必要なこと

●セロトニンを増やす食品を摂取する
→トリプトファン(大豆製品、乳製品、赤身魚、ごま、ナッツ類など)と
ビタミンB6(魚類、肉類、レバー、ピスタチオなど)が
セロトニンの生成を促すので。
積極的に摂ってみてくださいね。

●家族や友人とのスキンシップ、コミュニケ―ションを心がける
→家族や友人とおしゃべりをしたり、
スキンシップをしたり(マッサージでも可)、
人と人とのつながりがハッピーホルモンを分泌させます。
家族団らんの時間を設けてみましょう!

●リズム運動をする(疲れではなく爽快を感じる程度)
→ウォーキングやスクワット、階段の上り下りなど、
ご自身が日常取り入れやすい運動から始めてみるといいですね。

●朝起きたらすぐに太陽の光を浴びる(光を感じる程度で十分)
→朝起きたら窓を開けて伸びをする。
この何気ない行動がハッピーになることにつながっていたなんて♪
毎朝気持ちのいい伸びから一日をスタートさせてみてはいかがですか?

●よく話す!よく笑う!よく泣く!(作り笑いをするだけでも効果的です)
→人はストレス発散の手段として笑う・泣く機能を持ち合わせています。
泣くというのはマイナスなイメージがあるかもしれませんが、
実は最高のリラックス効果があるのです。
確かに泣いた後って何だかすっきりするんですよね!
映画などを見て、感動の涙を流してみましょう!

幸せな心の状態が、女性ホルモンの分泌を促し、
お肌にも良い影響を与えるということを日々意識して過ごしたいですね!

良い香りを嗅ぐこともハッピーホルモンや女性ホルモンの分泌に効果的です。
毎日のお手入れで、ラ・ミューテのダマスクローズの香りを十分に吸い込んで、
癒されることも忘れないでくださいね。
より肌のキメが整い、ツヤがアップしますよ♪