花粉症が肌荒れを引き起こす!?

2月になると、九州や中国地方から「花粉シーズン」が始まります。

花粉症の方は、辛い季節ですね…。

いまや、日本人の約3割が花粉症を発症しており、その数は年々増加していると言われています。

また、去年までは大丈夫だったという方も、今年は発症する可能性があるというのが花粉症の恐ろしいところですね。

花粉症の症状といえば、くしゃみや鼻水、目のかゆみが一般的ですが、実は肌荒れなど美容の面にも大きく影響を与えることをご存知でしょうか?

今回は、花粉がお肌に与える影響と、その対策をご案内します♪

花粉症ってどんな病気?

もともと人間には、外からの異物を排除して体を守ろうとする免疫機能が備わっています。

花粉は、本来ならばそれほど人体に影響がないと言われていますが、免疫機能が「花粉は異物だ!」と勘違いして過剰に反応することで、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が現れてしまうのです。

そのゴシゴシ、ちょっと待って!

花粉症になると、どうしてもテイッシュや手で鼻や目をこする回数が増えてしまいますよね。

強くお肌をこすることで、角質層を傷める原因となり、肌荒れやかさつきに繋がってしまうのです。

また、花粉がお肌に直接付着することで、かゆみが出たり、赤みが出てしまうこともあります。
目がかゆくて我慢できないときは、冷たい水で絞ったタオルを瞼にのせることで、かゆみが軽減することも。

また、鼻をかみすぎると炎症を起こして鼻の粘膜の機能が低下していることもあるので、加湿器などで潤いを補給してあげるのもおすすめです!

とっても簡単♪花粉症対策

外から戻ったら花粉を払い落とそう!

この時期の外出はコートが必須ですよね。

衣服についた花粉を家に持ち込んでしまわないように気をつけましょう。

ニットやウールなどの花粉が付着しやすい素材は避けて、ナイロンやシルクなど、手で払えば花粉が落ちやすいつるつるした素材を選ぶと、楽に花粉を落とすことができます。

春が近づくと、冬物コートからスプリングコートに衣替え。
春になると花粉が本格的に飛散し始めますので、スプリングコートもつるつる素材がおすすめです。
明るい色で気分の上がるスプリングコートを、一着自分にプレゼントするのも素敵ですね♪

また、見逃しがちなのが「髪の毛」。

花粉が付いた髪の毛が顔にかかってしまいますと、肌荒れの原因になりかねませんので、髪をまとめたり、帽子を被ったりするといいですよ!

夜になったら、シャンプーで綺麗に洗い流すことも忘れずに。

マスクでバリア機能UP!

花粉症の方に常備して頂きたいのがマスク。

マスクには花粉の侵入を防ぐだけでなく、お肌のハリやツヤを保ってくれる効果もあるのです!
花粉の吸い込みや外の冷たい空気からお肌を守ってくれるだけでなく、息がこもってお肌の保湿力が高まり、乾燥させないことでお肌のバリア機能UPにも役立ちます!

ただ、バリア機能が弱まった敏感なお肌は、マスクの摩擦によるかさつきやムレによって起こる吹き出物の悪化などの心配もありますよね。

マスクを選ぶ際には、お肌への摩擦を減らすため、お顔にフィットしすぎない立体型を選ぶといいですよ!
口元の空間を確保しているマスクは、息苦しさも軽減してくれますのでおすすめです♪
お顔にスプレーするだけで花粉をブロックしてくれるというものもありますので、お肌の状態に合わせて選んでみてくださいね!

春先はホルモンバランスが乱れ、肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

今のうちから、ラ・ミューテのお手入れでお肌のバリア機能をしっかりと高めておくこともどうぞお忘れなく!

 


 

ラ・ミューテでは、お肌のご相談を承っております。

何か気になること、ご心配なことがございましたら、
下記までご連絡くださいませ。

【専用フリーダイヤル】
ラ・ミューテお客様係 0120-300-753(通話料無料)
平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)土日祝日を除く

【24時間受付中!メールでのご相談】
shopmaster@lamutee.jp

【ラ・ミューテホームページ】
http://lamutee.jp